« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月22日 (土)

秋の収穫祭

bajigoya またまたFODSの人たちに誘われて軽井沢へ。

今回は、メンバーの一人が所有する別荘に集合。キノコ狩りや栗拾いをし、それらを使って秋の味覚を堪能しようという企画。別荘の持ち主とはFODSで知り合い、実に8年ぶりの再会。今はハイエナというグループでのんびりリバーツーリングやテレマークスキーで遊んでいるということで、私も仲間に入れてもらった。

kinoko さて、まずは午前中に集まったメンバーでキノコ狩りへ。目的のキノコを図鑑で確認し、集合時間を決め山へ分け入る。見つけようと思うとなかなか無いものだ。うっかり、毒キノコを採らないように気をつけないといけないが、手ぶらで集合するのが悔しくて、ちょっと形のイイものは手当たり次第に収穫袋に投入した。 集合してみると、皆同じコトを考えていたようだ…。使えないキノコはさておき、一人が本日目的の立派なキノコを採ってきていた。これで、キノコ隊の面目は立った。あとのキノコは詳しい人に鑑定(?)してもらうことに。

bajinabe 夜は昼間採ったキノコと手打ちしたホウトウを使った鍋!そこそこお腹も落ち着いたところで、女性陣は別荘の露天風呂に移動。湯の花を入れた乳白色の湯につかりながら、ビールや日本酒で乾杯!9人の女性で湯船はいい混雑具合。あんまり楽しかったので、外で焚き火を囲んでいる男性陣の中から一人を選出し、写真撮影をお願いした。ある意味罰ゲームなのか?目をそむけながらの撮影…。その後は屋内に移動し、次々出てくる料理や肴、デザートに舌鼓を打つ。

私も地元の名物「鮒寿司」を持参したが、こちらの反応はイマイチだった。おいしいんだけどなぁ。独特の香りが皆を黙らせるのだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

やっと来ました櫛田川

kushidachinka チームとほほで三重県の櫛田川へ

この川も、上流のダム放流量に左右される川。増水しないと下れないこともあり、ダム情報とにらめっこでダウンリバーのチャンスを狙う。毎年、比較的水量のある4月頃に下っていたが、今年はタイミングを逃してしまい、その後いい水量の時と週末が合わず、行きたいな、行きたいな、といいつつ今になった。

ダム放流量10tが理想だけど、今日は4.7tだった。少なすぎるかと思ったが、思ったより快適に下れた。しかししかし、水量が少ないといつもと瀬の流れが違う。突然左右に振られて沈。ロールスランプ中の私はいとも簡単に脱して泳いだ。ウェーブやホールで遊ぶために瀬に入り沈することはあっても、普通に下っていて沈することがほとんどなかった。しかもリカバリさえしていなかったことに気づきかなりショック。以前はひっくり返りそうになると反射的にリカバリして起きていたのに。去年、今年と確実に技術が退化していってる…。マズイ。

chinkatobi ゴール地点には沈下橋。この季節もう寒いはずだけど、迷わず沈下橋に駆け上がり川へ飛び込む。「アホや…」といいながらこういうコトがやめられない大人になってしまった。あぁ幸せ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

餌付けされてるかも

kamo カモが近づいてくる…。

WWACのメンバーと長良川へ。河原に上陸し昼ごはんを食べていると、1羽のカモが現れた。秋は川に渡り鳥が戻ってくる季節だ。

皆が代わるがわるパン屑などを投げると、夢中で食べる。やるものがなくなると、しばらくこちらの様子をうかがっていたが、さすがに諦めて川に戻り羽をつくろい始めた。誰かが2個目のパンを取り出そうと袋をガサガサすると、すばやく河原に上がり周りをウロウロ…。普通のカモはカヤックがある程度まで近づくと逃げていくのに、こんなところで餌付けられて野生じゃないのかな??

面白いのでわざと音をたて、行ったり来たりさせてみた。ゴメン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »