2006年4月 8日 (土)

ほとばしってます

Fuente アンティグアの中央公園にある噴水。

上向きの噴水が中央にあり、その側に座って横向きの噴水担当。背中合わせで3人いらっしゃいます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

なまら北海道はエルサルバドルへ

Namara_1タパチュラのバスターミナルで日本語Tシャツを着ているガイジン発見。

その胸には「でぃすいず なまらほっかいどう」と書かれていた。なまらって何?外国によくあるテキトーな日本語Tシャツか?あんまり気になるので写真を撮らせてもらうと、思いがけず日本語が返ってきた。北海道に住んでいたことがあるカナダ人で、現在はエルサルバドル在住。「なまら」とは北海道弁で「本当に(とても)」という意味だと教えてもらった。

メキシコでカナダ人に北海道弁を教わるとは…。世界には面白い出会いがいっぱいだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

エルトゥーレ周辺

20elture今日もうひとつの目的、エルトゥーレへ。

エルトゥーレにあるトゥーレの木は樹齢2000年以上、高さ42m、幹周り58mのアメリカ大陸最大だとか。これは見ておかなアカンやろぉ~、と期待していたが、実際見てみると特に感動することもなく「ふぅ~ん」の一言で終わってしまった。周りに柵があって近寄れないからかもしれない。

21chile_1

仕方がないのでその周辺をウロウロしてみる。店に入ると、ポテトチップスが売ってる棚にセットのようにチリが並んでいる。メキシコ人は辛いものが好きらしく、スナックにもチリという辛いソースをつけるようだ。もうひとつ気になったのはこのマネキン。下着を着けているのではない。と信じたい。民族衣装だろう。メキシコの民族衣装は白が基調で、隣のグァテマラのように色鮮やかなわけではないようだ。

22manekinそういう意味でメキシコでは欲しいお土産というのに出会えなかった。メキシカンハット買ってもなぁ~。バックパックで旅するにははかさばるし…。お土産物は次のグァテマラに期待。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

ピラミッドで記念撮影

07senseiこの暑さの中、ダウンジャケットを着ている人発見!!

小学生を引率している先生が、月のピラミッドを駆け上がって来た。しかも生徒より早く!かなり元気だけど、ダウンジャケットは暑いでしょう…。たまらず質問してみた。「暑くないんですか?」と。「暑いけど、脂肪を落とすために着てるんだ」とのこと。ダイエットの悩みや方法は世界共通なのね。

06kodomo東洋人が珍しいのだろうか?それとも物怖じしない国民性なのか?メキシコでは、一緒に写真を撮ってください。と頼まれることが多かった。昔、中米にいた頃は、一度もそんなことがなかったので意外だった。中米よりメキシコの方がメジャーだから東洋人だって多いはず。やっぱり国民性かな?

ティオティワカンでも沢山の子供たちと一緒に記念撮影をした。皆とってもかわいらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

ソックリさん

jizo道を歩いていて、ソックルさんを見つけた。

一緒に歩いていたクラスメートに、「ちょっと見て見て、ソックリやと思わへん?」と言うと、皆、大喜びで写真を撮りだした。そんなに喜んでもらえるなら…と私も携帯カメラに。誰に似ているかというと、他の誰でもない私自身に似ているのだ、顔が。

私は昔からいろんな人に似ていると言われてきた。「中学時代の先輩に似てる」とか、「近所の双子にすごく似てるけど、三つ子じゃないよね?」など特に有名人ではないことが多い。それから、どんな人が自分に似ているんだろう、ということが気になり始めた。街を歩いていて(あの人似てるかも)と思うとスグ友達に聞いてみる。友達の「似てる」「似てない」という答えを元に、だいたい自分に似ている人像というのがつかめた。

それで、今でも自分に似ている人に反応してしまうのだが、自分に似ている石像に出遭うなんて…。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

ヘボって?

hebo 関市のうなぎ屋の近所にあった看板。

「ヘボあります」という文字が私の目をクギ付けに。よく見ると、横には小さく「冷凍蜂の子」とあった。蜂の子をヘボというのか…。昔、居酒屋で蜂の子の甘露煮を食べたことがあるが、結構おいしかった。

幼虫とサナギが混ざってて、どちらかというとサナギの方がシャキシャキした歯ざわりで好み。いつか機会があれば食べてみたい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月11日 (日)

いただきマンボウ

mambo 食べてみましたマンボウを…。

銚子川の河原で朝を向かえ、今日は一之瀬川へ移動。その途中の紀伊長島の道の駅にて、マンボウのホルモン串焼きが売っていた。よく北山川へ行く途中に野宿するポイントだけど、夜中の12時過ぎに到着し、翌朝8時には出発するので、そんなものが売っているとは知らなかった。仲間の一人がひと串買ったので、ご相伴にあずかる。

マンボウの味にしみじみした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月13日 (土)

魅惑の万華鏡展

mange 今日はライブの為、大阪のなんばに行った。

グッドタイミーング!ライブハウスの近くで、魅惑の万華鏡展が開催されていたのでライブの前に見に行った。万華鏡といえば、みやげ屋に売っている民芸品調のモノを思い出すかもしれないが、5年ほど前にオイル万華鏡というものに出合った。

初めてオイル万華鏡を覗いたときは、世の中にこんなに美しい世界があったのかと深く感動。ええ大人がデパート売り場で10分以上覗き続け、散々迷った末に購入。すっかり魅了され、製作教室で自作の万華鏡を作ったことも。美しい模様がゆっくりゆっくり、思いがけない模様に変化するさまは、いつまでたっても飽きないし、とても癒される。

覗いてみて初めて分かる魅惑の世界。機会があれば是非手にとってみて欲しい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 4日 (月)

セブの“気になる”

cupnoodle フィリピンのカップヌードル。チキン味のパッケージデザインが気になる!カッパの海水浴か?

フィリピンでは、学校でタガログ語と英語を教えているらしい。セブではセブ語も話されているし、1世紀前まではスペインの植民地だったので、エリートはスペイン語も話すんだとか。確かに日常的に使う言葉にもスペイン語の名残があるようだ。スペイン語で男前は「グアポ」だが、ここでは「グワポ」と発音していた。

セブ語でありがとうは「サラマーポ」。これを覚えるのが限界でした。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年6月12日 (日)

帰り道の“気になる”

mo-sema

「モ~、狭いわ!」

北山川からの帰路、国道42号線沿いにソレがある。巨大な牛乳瓶の上に、今にも落ちそうになりながら、乳牛がしゃがんでる。狭すぎて困っているのか微妙な頬笑み…。大内山牛乳の宣伝用だけど、キーホルダーあったら欲しいくらい、皆が大好きなキャラクター。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧