2006年4月12日 (水)

チチカステナンゴの市

54chichicastenangoアンティグアから車で約4時間のチチカステナンゴへ。

アンティグアを歩けば旅行代理店がそこかしこにある。ツアーもあれば、国内の観光地行きシャトルバスもある。明日行きたい!という場合でも、空いていればその場で申し込めるし、当日宿の前まで迎えに来てくれるのでとても便利だ。

53chichicastenango 毎週木曜日に大きな市が立つ。チチカステナンゴに到着するとすでにお昼だったので、さっそく食事をすることに。ここではサルサやメレンゲなどの音楽が流れていて、とても懐かしい感じがした。そういえば、アンティグアに到着してからこういう音楽を耳にしていなかった。そうそうこんな感じ!!7年前のグァテマラはどこ行ってもこんな感じやった!田舎は当時のままなんや。と、ちょっと嬉しくなった。

55chichicastenango滞在時間は2時間ほど。とにかく市の中をどんどん歩くことに。ここは土産物用のものばかりでなく、地元の人の生活必需品や食料も売っている。えらい虫がブンブン飛んでるなぁ、と近づくとハチミツの取引をしていたり、鶏や七面鳥などは生きたまま連れて帰って家でさばくようだ。ドナドナド~ナ~のメロディが頭に浮かぶ。

56chichicastenango_2 民族衣装があふれていて、生活感もあふれている。それを感じるのがとても新鮮だった。観光用のショーではない、これは彼らの日常生活の一部なのだ。たくさん写真を撮りたいが、インディヘナ(先住民)は写真を撮られるのを非常に嫌がる。ここはカメラを構えず、ノーファインダーでさりげなくシャッターを押すことにした。初めての試みでうまく被写体を捉えられなかったもの多数。でも自然な感じが撮れたかな。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

シンジ久しぶり~!

52shinji アンティグアの時計台近くで懐かしい人発見!

絵描きをしているシンジ(グァテマラ人)に会ったのだ。7年ぶりなので正直何を見ても懐かしいが、当時日本人の友達がこの時計台近くで絵を描いていて仲良くなり、谷村新司に似ているから「シンジ」と呼んでいた。なのでなんとなく親しみ深かった人物。

通りを横断して「オラ(こんにちは)!!」と声をかけると「やぁ!シホじゃないか!!」と返ってきた。覚えていてくれたなんて感激!!でも、ごめん。私はシンジと呼んでいたので、名前を思い出せません。正直に告白し、ちゃんと本名も教えてもらった。昔に比べて絵を描いてる人は減ったのかなぁ?シンジも本職というわけではなく、観光客の多いシーズンだけここで絵を描きながら売っているようだ。しばらく昔話や近況等の話に華を咲かせた。

また10年後、20年後なんかにアンティグアを訪れ、シンジとここで再会する、というのも楽しいな。と思った。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

織物博物館

50museoアンティグアの町の北西はずれにある織物博物館へ

ここにはあらゆる民族のウィピルが展示してある。入場料5ケツァル($1=Q7.5)と格安な上に英語かスペイン語で説明もしてくれる。民族によって衣装だけでなく風習も違うが、それらを丁寧に説明してくれた。興味深い内容だった。

ある村では、嫁入り前に半年かけて織ったものを結婚式に姑が着てお披露目するらしい。うちにはこんなに織物のできる嫁が来たのだ!というアピールだと思うけど、それってある意味プレッシャー…。その他、今はもうすたれてしまった折柄のウィピルも展示されていた。

51museoひと通り説明を終えると、ウィピルを着ませんか?と聞かれた。着付けしてもらってQ10らしい。そういや昔、母親やおばさんを連れて来たときは一杯買い物をしたので、サービスで着せてくれたっけ。友達は着ることにしたが、私は以前着たことがあるので結構です、と断ると、じゃサービスで着せてあげる、とのこと。ラッキー。通訳の甲斐がありました。

いらんと言ったわりに、台所に立って写真を撮ったりと存分に楽しませてもらった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アルフォンブラ

42alfombra_1アンティグアのセマナサンタはアルフォンブラが有名。

町の人たちは、プロセシオンが通る道中にオガクズや草花を使ってアルフォンブラ(じゅうたん)を作る。色鮮やかなじゅうたんが町中に作られるのだ。どんなに美しくてもプロセシオンが上を通過するまでの運命。なんだかもったいない!!




43alfombra こちらは制作中。型紙を使い着色したオガクズでいろいろな図柄を描いていく。ラテンの人は大ざっぱな印象があるが(失礼)、アルフォンブラ作りは細やかで根気のいる作業だ。




48alfombraあるスペイン語学校の生徒たちが作成したアルフォンブラ。この学校は私が滞在していた7年前も作っていた。毎年恒例のようだ。家族単位で作る場合は自分の家の前に敷く。ものすごく長いアルフォンブラもあるので、もしかして地域で作っているところもあるかもしれない。







44alfombraそしてその上をプロセシオンが通る。通過中は厳粛な雰囲気。初めてプロセシオンを見たとき、ホームステイしていたファミリアの7歳の娘とふざけてたら、そのお母さんにキツクしかられた…私ではなくその娘が。復活祭の意味を理解していませんでした。ごめんなさい。






45alfombraプロセシオンの後ろについて歩いている人たちは、アルフォンブラに使われていた花などを拾っている。捧げ物のお下がりというところだろうか。






46alfombraプロセシオンが通過した後。ちょっと無残な感じ…。











47alfombraプロセシオンからしばらく遅れてトンボを持ったおじさんたちが登場。通り上のアルフォンブラの残骸はこのように処理されていたのか!知らなかった。

それにしても息が合っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

町ブラな1日

32arco 今日は連れがマヤのティカル遺跡へ行ったので、1日フリーに。

ティカル遺跡は現在発掘されているマヤ遺跡の中で最大の規模。密林の中にいくつもの神殿が建っていて、非常に雰囲気のある遺跡だ。特に4号神殿の頂上から見る景色は最高で、眼下に延々と続くジャングルを見渡せ、神殿がところどころで頂上をのぞかせている。初めて見たときは感動した。地球上に同じような景色はないのではないだろうか?しかし、7年前に3回も行ってしまったので、今回はアンティグアの町を久しぶりにゆっくりブラつくことに。

36todossantos アンティグアはセマナサンタの期間中、海外はもちろん国内からも多くの観光客がやって来る。タンケ・ラ・ウニオン公園に腰掛けているのは、よその村からやって来たインディヘナ(先住民)たち。グァテマラには多くの先住民族が民族ごとに違う民族衣装を着て、またそれぞれ民族ごとに固有の言語を話している。ここの男性の衣装がカッコイイと私は思う。衣装を見ればどこの民族かわかるのだが…さてどこの衣装だったか…。

35lafuenteラ・フエンテ(噴水)というカフェに入ると中庭一面に色とりどりの民族衣装(ウイピル)が。グァテマラの織物はグァテマラレインボウと呼ばれ世界的にも有名だ。折柄は代々母から娘へ引き継がれ、その柄は民族によって異なる。このカフェでは毎週土曜日にウイピル市が開かれていて、お茶しながらのんびりウイピルを眺めることができるのだ。

34volcandeagua

今日は天気もよくアグア火山がすっきり見えた。

夜は7年前にスペイン語学校でスペイン語を教わっていた先生と晩御飯の予定。久々の再会が楽しみだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

こどもみこし

39prosecionnino 十字架の丘から降りてくると、ちょうど子供たちの担ぐプロセシオンと遭遇。

セマナサンタ(復活祭)の期間中、町中にある教会ごとにプロセシオンが出る。十字架を背負って歩くイエスキリストの像を、苦悩の表情を浮かべ皆で担いで町中を練り歩くのだ。祭で担ぐといえば『みこし』をイメージするが、はたしてそのみこし部分をプロセシオンというのか、みこしを担いで行進することをプロセシオンというのか、また、みこしと訳すのが正しいのか、そのあたりはよく知らない。

40prosecionnino このプロセシオンが通る道の上に、オガクズや草花などで作ったアルフォンブラ(じゅうたん)を用意し、その上を通ってもらう。神様への捧げ物ということらしい。もうプロセシオンが近づいているというのに、こちらの家族はあわてて準備を始めたところだ。間に合うんやろか?と見ているとセニョーラに「助けてちょうだい!」と言われ、一生懸命石畳の道にとっても簡単な模様で並べた。

41prosecionnino なんとか間に合ってホッと一息。自分たちのアルフォンブラの上をプロセシオンが通る。それをドキドキしながら待った。

ありがとう、とお礼を言われたが、思いがけずアルフォンブラ作りのお手伝いをさせてもらって、かえってよい思い出になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

十字架の丘

30cruz アンティグアの町を一望できる十字架の丘へ。

町を一望できるだけあって観光スポットだが、よく強盗が出るという危険な場所でもある。運悪く命を奪われた人もいると聞いた。7年前にはなかったが、ツーリストポリスが毎日午前と午後に十字架の丘まで無料で連れて行ってくれるツアーがあると聞き、それを利用することに。今回は私達4人と外国人2人の計6人に引率の警官が2人とこじんまりしたツアーに。

31cruz 町は碁盤の目状に道が走っていて、十字架越しにはアグア火山が見られるというロケーション。町の標高が1500m程でアグア火山は約3600m。形はグァテマラ富士というだけあって(そう呼ぶのは日本人だけだが)美しい。カスミがかっていて頂上あたりが見えなかったのが残念。

とりあえずアホ写真を撮って十字架の丘を後にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 6日 (木)

懐かしのアンティグア

Demado6年ぶりのグァテマラ・アンティグアに到着!

グァテマラ入国後の初ショットがコレ。檻じゃありませんから。通りに面している家の出窓です。アンティグアは町全体が世界遺産に登録されていて、雰囲気もあり本当にいい町だ。

住んでいたのは1999~2000年。1年オープンのチケット片手に、スペイン語もできないままやって来た。当初NHKラジオ講座で勉強してから来るつもりだったが独学の悲しさ、4,5月分を聞いたあたりで行き詰まってしまった。う~ん、話せるようになってからなんて考えてたら、一生行けない。どうせ、現地で勉強するんだし、出発しちゃえ~!と旅立ったのだ。我ながら思い切った決断だった。

この時期アンティグアはセマナサンタ(復活祭)の真っ最中。世界各国からの観光客でホテルほぼ満室。今回は、スペイン語の勉強もかねて、以前お世話になっていたファミリアにホームステイさせてもらえることに。6年ぶりにファミリア宅の扉を開けると、そこには懐かしい笑顔が…。瞬間グッと胸に込み上げてくるものがあったが、こらえて皆とハグをした。

昨夜オアハカを出発してから21時間。この旅で一番長い移動が終わった。ただいま mi familia。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

緊張の国境越え

Elsar日本のような島国に住んでいると、憧れるのが陸路の国境越えだ。

初めての経験は1999年、グァテマラ→エルサルバドルの国境(写真)。しかしこれが半端じゃないほど怖かった。両替屋に囲まれるからだ。その両替屋の人物像が怪しい。競争が激しいようで目は必死だし服はボロい(中南米の田舎では普通のスタイル)イメージ的にはダフ屋に近いがコソコソせずに大っぴらにやっている。だいたい小さい国境には町も銀行もないので、必要最低限の両替をしておかなければバスにも乗れない。できれば一人での国境越えは避けたいところだ。危険かどうかよりも雰囲気が怖い!!

さて今回は、幸運にも旅の道連れが3人もいる。国境で両替屋が寄って来ることと、必要最低限の両替を必ずするように、ということを伝えて、いざ国境越え!!しかし、この国境はさらにハードだった。特にグァテマラ側。入国審査は小屋に窓口がある程度で、手続き中も屋外に並んでいる状態。大勢の両替屋が我先にとグルリ取り囲み、目の前に札束をちらつかせながら「カンビオ(両替)、カンビオ!!」の大合唱。あんな大勢にギャーギャー言われると訳がわからなくなって混乱してしまう。入国審査では払わなくてもいい入国税なるものを払わされた。グァテマラに入国税はないので、役人のおこづかいになるわけだ。こういうときは「領収書をください」というと引き下がると教えてもらっていたのに。あ~、混乱してうっかり払っちゃったじゃないか~!!もしかして両替屋と役人はグルかも…などと考えてしまう。

合唱に負けずに叫ぶ連れ。「なんでこの人らはこんなに寄って来はるの?何のために!?」混乱しながら的外れに答える私。「利ざや稼いではんねん!!」道連れの3人、初めての国境越えはかなり怖かった、と感想をもらしていた。慣れれば怖くないよ…きっと…たぶん。

| | コメント (3) | トラックバック (0)